YouTubeニュースまとめ

【YouTubeニュースまとめ】2019年5月4日  YouTube内の超マイナーなホームビデオをランダムに流すサイトが中毒性ハンパない

 

 ☆★Headline★☆

【YouTubeニュースまとめ】YouTube内の超マイナーなホームビデオをランダムに流すサイトが中毒性ハンパない

下記引用

・YouTubeは、今のような凝った動画や映画の予告編、それにクリックを狙った広告もなければ、“ユーチューバー”も生まれておらず、人々のなんてことのない日常を撮ったものがランダムに流れていました。
・広大なインターネットにはそんな忘れ去られた素人映像のみを流すウェブサイトが存在します。
・撮影時にカメラが生成したファイル名のまま公開された動画をランダムに再生しており、謎の中毒性でついつい見入ってしまいます。
・埋もれた宝物のような映像を発掘しようという試みは行なわれてきました。純粋に楽しめたり、時にはドン引きすることもあったりしたものですが、そういうのは本当に誰にも見つけて貰えず、閲覧数がゼロだったりするのです。
・視聴できる映像は、閲覧数が数千あるものの、素人が定点撮影したストリーム映像や、映像を自動で作ってくれるツールを使ったもの、撮影したデバイスから直接アップロードした映像など、私たちも時々遭遇する素人動画ばかり。
・「彼らはきっとSEO対策とか、最適化されたフルサイズで見られることとか知らないんだろうなぁ」「もしかしたら、彼らが初めて公開した動画なのかも」なんて微笑ましい気持ちにさせてくれるものが拾われてくるのです。
・YouTubeは、何百万ものユーザーが、投稿した動画に対して職場閲覧注意だという報告を受け取ってきた歴史があります。ですがここで見られるものは、そういう監視の目が届いていないようなレベルなのです。

【コメント】

昔のYouTube感じで
面白いサイトですねぇー

素人映像のみを流すウェブサイトってのが面白いと思います 笑

 ☆★TOPICS TITLE★☆

■バーチャルインフルエンサー
世界が注目する「バーチャルインフルエンサー」 SNSを通じて社会に影響を与える存在をピックアップ

■VR
たった185gなのに8K対応! 最高のシネマ体験ができるVRグラス「LUCI immers」

■YouTuber
月収4000万円→無収入へ…。YouTuberで再ブレイクしたヒロシが語る“生きがい”

 ☆★DETAILS★☆

世界が注目する「バーチャルインフルエンサー」 SNSを通じて社会に影響を与える存在をピックアップ

下記引用

・日本ではキズナアイさんなどVTuber(バーチャルユーチューバー)がテレビ番組やCMに出演するようになりましたが、世界を見回すと、VTuberとはまた違ったバーチャル上の存在が話題となり始めています。
・「バーチャルインフルエンサー」。バーチャルインフルエンサーとは、影響力や発信力のある人物(インフルエンサー)をバーチャルキャラクターとして人工的に作り上げる試みで、現実の人間と同じように、SNSを利用して自身の活動を発信し続けているのが特徴です。
・人間に寄せたリアルな3DCGの姿をしており、実在するファッションブランドのモデルとなったり、InstagramやTwitterで自身の考え方を主張することもあります。
・投稿された写真では本物の人間と混じっているケースも多く、リアルとバーチャルの境い目をなくす新たなデジタル表現として注目を浴びています。実際、150万人のフォロワーを持つリル・ミケーラを手がけるBrud社が合計1億2,500万ドル(約136億7,000万円)の資金を集めるなど、経済においても大きな動きを見せています。

たった185gなのに8K対応! 最高のシネマ体験ができるVRグラス「LUCI immers」

下記引用

・たった185gなのに8K対応! 最高のシネマ体験ができるVRグラス「LUCI immers」
・現行のVRグラスはサイズが大きく、500g程度あるものが多いですが、「LUCI immers」はたった185gの超軽量VRグラスです。
・「LUCI immers」の解像度は「Oculus Go」の6倍という驚異のデバイスなんです。
・Indiegogoでクラウドファウンディング中、499ドル(約55,700円)で手に入れることが可能。
・「LUCI immers」は表示できるスクリーンのサイズが1,023インチで、この大きさは映画館の大画面スクリーンのサイズに相当します
・有名なVRグラス「Oculus」シリーズの中で最も解像度が高い「Oculus Go」のピクセル密度が538ppiなのに比べて、「LUCI immers」は3,146ppiと約6倍になるのです。
・4Kの3D映像まで対応できるので、家で様々な映像作品を手軽に、そして本格的に楽しめます。

月収4000万円→無収入へ…。YouTuberで再ブレイクしたヒロシが語る“生きがい”

下記引用

・「ヒロシです」の自虐ネタで’00年代にブレイクしたヒロシ氏。人気絶頂期には月収4000万円を稼ぐも、浮沈の激しい芸能界。過去には低所得どころか無所得になった時期もあった。
・「テレビに出なくなると落ち目扱いされて、“俺はこのままバカにされて死んでいくのか”と思い悩んでいました。でも、趣味のキャンプとその記録動画をアップしていたら、それが仕事につながってきたんです」
・15年3月、キャンプの様子を淡々と映したYouTubeチャンネル「ヒロシちゃんねる」を開設したヒロシ氏。自身の予想を上回る好評で、現在の登録者数は35万人を突破している。
・「人間ってある程度の年齢になると、何かしら生きがいを持たないと辛いですよね。それがモヤモヤした現状の突破口になるんだと思いますが、仕事が生きがいとはなかなか言い切れない。僕の場合は趣味のキャンプとその動画をアップすることでした。誰しも自分が好きなことをやる時間が必要だし、さらに今は“それを人に見てもらうこと”が大切だと思います」
・「休みの日に釣りに出かけて、GoProで撮影したいですね。自分の動画を配信した後にコメントが一つでもついたら嬉しいし、あわよくば5000円、1万円くらいの小遣いが手に入るかも。こうして淡い夢を持つことで生活にハリが出る気がします」
・「だからこそ自分が本当に面白いと思うことをやるべき。おじさんもスマホは好きでしょ? ゲームに課金するくらいだったら、ちゃんとしたコンテンツじゃないといけないとか言わずに、とりあえず動画を撮ってみてほしい。今はアプリで簡単に編集できるので」
・「地味なおじさんが酒を飲みながらぶらぶら旅行する動画もはやってるし、何がウケるかなんてわかりません。例えば上司の説教とか奥さんのガチギレみたいな修羅場の録音だけでも、僕は見たいですね。視聴者に共感や優越感が芽生えるコンテンツは寄せられるコメントも多いので、やっていて楽しいと思いますよ」

【補足コメント】

バーチャルインフルエンサー
まだ、日本では少ないですが、
海外では当たり前になってきてますねー

そのうち、バーチャルインフルエンサーだらけになったら楽しいですね!